科目コード5021109
科目名
(英語名)
防災工学
(Disaster Prevention Engineering)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期2年 後期
担当教員鈴木 賢一、非常勤講師(文科省職員、国交省職員、県庁県土整備部職員)
単位数2単位
授業の方法講義
授業概要
【 目 的 】
地震、火山噴火、津波、風水害、土砂災害、地盤災害、雪氷等の各災害の原因、特徴、地域特有の災害特性を理解し、防災・減災、対策工法の基礎知識を学ぶ。
【到達目標】
  • 過去の発生災害について理解できる。
  • 各種災害の特性や発生メカニズムを理解できる。
  • 災害に関する外力等の計算、予測手法などについて理解できる。
  • 山形の自然災害の特性について理解できる。
  • 防災・減災、対策工法について理解できる。
  • 大規模災害時における土木技術者の役割について理解できる。
授業計画
  1. 自然災害と防災概論
  2. 地震災害、地震の発生原因、特徴、各種構造物の地震被害と対策
  3. 風水害(豪雨・洪水・台風等)の要因、特徴、対策
  4. 土砂災害の要因、特徴、対策
  5. 津波災害の要因、特徴、対策
  6. 地盤災害(地盤沈下・液状化・斜面災害)の要因、特徴、対策
  7. 火山災害の要因、特徴、対策
  8. 雪氷災害の要因、特徴、対策【非常勤講師】
  9. 大規模災害からの復旧・復興【非常勤講師】
  10. 防災・減災(水防活動・ハザードマップ)【非常勤講師】
成績評価方法 レポート及び試験、平常点(計100点)
教科書・
参考図書
教科書: 防災工学  渕田邦彦他著 コロナ社
自作テキスト配布


その他
【履修にあたり】
教員のほか、非常勤教員による授業を行う。
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓