科目コード5022103
科目名
(英語名)
施工管理実習Ⅱ
(Training of Construction Management Ⅱ)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期1年 後期
担当教員鈴木 賢一、墫 佳彦、建設業協会(現場見学)
単位数4単位
授業の方法実習
授業概要
【 目 的 】
 盛土施工を通して、測量丁張の設置や、写真管理・安全管理・工程管理・品質管理・出来形管理など施工管理全般について学習する。
【到達目標】
  • 盛土施工に伴う現場管理【安全管理・工程管理・品質管理】について理解できる。
授業計画
  1. 現地踏査
  2. 施工計画書・作業手順書作成
  3. 準備工
  4. 着工前写真管理、保安設備設置、工事用仮点設置、KBMの設置、丁張設置
  5. 盛土工(小規模土工)
  6. 工事測量、写真管理、品質管理等
  7. 完成検査
  8. 写真管理、出来高検測
  9. 埋戻工(小規模土工)
  10. 工事測量、写真管理、品質管理等
  11. 片づけ
  12. 保安設備撤去、原状復旧
  13. 書類整備
  14. データ整理、施工計画書、工程表、品質管理図表、出来形図作成等
  15. 現場見学
成績評価方法 出席状況、取組状況、課題提出(計100点)
教科書・
参考図書
施工管理実習Ⅰと同様



その他
【履修にあたり】
実習作業の大半は屋外作業になります。暑い日・寒い日や雨天時や降雪時にも実施することが想定されるので、各自、しっかり準備してくること。また、食事、塩分、水分、休養をしっかりとって授業に参加すること。体調不良の際には、躊躇せずに申し出ること。
【この授業・実習に必要な機材】
筆記用具、関数電卓、野帳、ヘルメット、作業着、長靴、雨カッパ、手袋、水分、防寒着・着替え、フラットファイル(A4タテ) 1冊を各自、事前に準備しておくこと。(施工実習Ⅰで使用したファイル可)