科目コード5022104
科目名
(英語名)
施工管理実習Ⅲ
(Training of Construction Management Ⅲ)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期2年 前期
担当教員鈴木 賢一、墫 佳彦、建設業協会(現場見学)
単位数4単位
授業の方法実習
授業概要
【 目 的 】
 側溝敷設工事を通して、起工測量、計画図面作製から数量計算、積算に加え施工管理全般にわたって理解し、電子納品として発注者に成果物を収めるまでの技術を修得する。
【到達目標】
  • 道路改良工事に伴う現場管理(4大管理)及び機械操作について理解できる。(側溝工)
授業計画
  1. 現地踏査
  2. 数量計算書・積算
  3. 施工計画書・作業手順書作成
  4. 準備工
  5. 着工前写真管理、保安設備設置、工事用仮点設置、KBMの設置
  6. 丁張設置
  7. 掘削工(小規模土工)
  8. 排水溝布設(敷砂利、均しコンクリート打設)、コンクリート受入検査(供試体採取)
  9. 埋戻工
  10. 出来形検測
  11. コンクリート圧縮強度試験
  12. 現場見学【側溝工・舗装工】
成績評価方法 出席状況、取組状況、課題提出(計100点)
教科書・
参考図書
施工管理実習Ⅰと同様



その他
【履修にあたり】
実習作業の大半は屋外作業になります。暑い日や雨天時にも実施することが想定されるので、各自、しっかり準備してくること。また、熱中症防止の為、食事、塩分、水分、休養をしっかりとって授業に参加すること。体調不良の際には、躊躇せずに申し出ること。
【この授業・実習に必要な機材】
筆記用具、関数電卓、野帳、ヘルメット、作業着、長靴、雨カッパ、手袋、水分、必要に応じて着替え、フラットファイル(A4タテ) 1冊を各自、事前に準備しておくこと。(施工実習Ⅰで使用したファイル可)