科目コード5022106
科目名
(英語名)
ICT実習
(Training of Information and Communication Technology)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期2年 前期前半
担当教員古谷 浩、大内 洋和、非常勤講師(測量設計業協会、建設業協会、日本建設機械施工協会)
単位数2単位
授業の方法講義,実習
授業概要
【 目 的 】
 人口減少や高齢化が進み、建設現場での生産性向上が必要不可欠となっている中、土木分野においても近年急速に、ICTの導入や普及が著しいことから、UAV(ドローン)測量による3D設計データの作成など国土交通省が進める「i-Construction」の流れを理解し、現場での導入が進むタブレット端末を利用した図面の作成および工事測量など、ICTを活用した施工管理技術を修得する。
【到達目標】
  • ICTについて理解し、活用することができる。
授業計画
  1. UAV測量による点群処理と3次元設計データの作成 【非常勤講師】
  2. マシンガイダンスによる建設施工 【非常勤講師】
  3. タブレット端末を用いた現地測量およびデータ処理およびデータ活用【非常勤講師】
成績評価方法 出席状況、取組状況、課題提出(計100点)
教科書・
参考図書
教科書:ICTを活用した建設技術(情報化施工) 一般社団法人 日本建設機械施工協会
教科書:独自テキスト


その他
【履修にあたり】
フラットファイル(A4タテ)1冊を各自、事前に準備しておくこと
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓,USBメモリ