科目コード5022108
科目名
(英語名)
材料試験Ⅱ
(Material Testing Ⅱ)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期2年 前期前半
担当教員鈴木 賢一、古谷 浩、非常勤講師(生コン組合、アスファルト合材協会等)
単位数2単位
授業の方法実験
授業概要
【 目 的 】
 土・コンクリートに関連する基礎的事項をそれぞれの装置で実験し、現象を観察し、考察することにより知識を確かなものにする。
【到達目標】
  • 1.セメント・骨材・コンクリート・鋼材関係の試験について理解できる。
  • 2.既設構造物(老朽化構造物)における非破壊検査等について理解できる。
授業計画
  1. セメントの強さ試験(セメント)
  2. 骨材のふるい分け試験(骨材)
  3. 細骨材・粗骨材の密度及び吸水率試験(骨材)
  4. 骨材の単位容積質量・実積率試験(骨材)
  5. 粗骨材のすりへり試験(骨材)
  6. コンクリートの配合設計(コンクリート)
  7. コンクリートの受入検査(コンクリート)  (スランプ・空気量・ブリーディング・塩化物含有量・水分量・養生温度観測)
  8. コンクリート強度試験(コンクリート)【非常勤講師】  (圧縮試験・曲げ試験)
  9. 鉄筋の引張試験(鋼材)
  10. 非破壊検査①:既設構造物強度試験(老朽化構造物)  (シュミットハンマー、コンクリートテスター)
  11. 非破壊検査②:既設構造物鉄筋探査試験(老朽化構造物)
  12. 老朽化構造物の圧縮強度試験(老朽化構造物)【非常勤講師】  (コア抜き・強度試験)
  13. アスファルト強度等試験(学外)【非常勤講師】
  14. まとめ
成績評価方法 出席状況、実習態度、取組状況、課題提出(計100点)
教科書・
参考図書
教科書:建設材料・土質試験ハンドブック 建設技術教育研究所編 オーム社
自作テキスト


その他
【履修にあたり】
アスファルト強度等試験の授業は、アスファルト工場で実施する。
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓、作業服