科目コード5031101
科目名
(英語名)
インフラメンテナンス学
(Infrastructure Maintenance)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期2年 前期
担当教員鈴木 賢一、非常勤講師(東北大学大学院工学研究科 久田 真ほか、建設コンサルタント協会)
単位数2単位
授業の方法講義,実習
授業概要
【 目 的 】
 鉄筋コンクリート構造物をはじめとしたインフラの維持管理の重要性を理解し、劣化機構、点検診断・補修などの維持管理手法等に関する基礎知識を修得する。
【到達目標】
  • 社会基盤施設の維持管理の重要性と構造物に関する基礎知識を理解できる。
  • 土木構造物の劣化(症状としくみ)について理解できる。
  • 土木構造物の点検・診断・モニタリングの方法について理解できる。
  • 土木構造物の劣化予測・性能評価等について理解できる。
  • 土木構造物の補修・補強方法について理解できる。
  • 土木構造物のマネジメントと情報管理について理解できる。
授業計画
  1. メンテナンスの現状と課題
  2. 構造物の機能性能とメンテナンスの基本
  3. 土木構造物の劣化(症状としくみ)(1)コンクリート構造物【非常勤講師】
  4. 土木構造物の劣化(症状としくみ)(2)鋼構造物【非常勤講師】
  5. 土木構造物の点検・診断・モニタリング方法(1)【非常勤講師】
  6. 土木構造物の点検・診断・モニタリング方法(2)実習【非常勤講師】
  7. 現場における点検・診断等実務について【非常勤講師】
  8. 土木構造物劣化予測・性能評価・判定方法(1)コンクリート構造物【非常勤講師】
  9. 土木構造物劣化予測・性能評価・判定方法(1)鋼構造物【非常勤講師】
  10. 土木構造物の補修・補強方法(1)コンクリート構造物
  11. 土木構造物の補修・補強方法(2)鋼構造物・アスファルト舗装
  12. 現場における補修・補強等実務について【非常勤講師】
  13. 構造物のマネジメントと情報管理【非常勤講師】
  14. 現場実習(橋梁点検)【非常勤講師】
成績評価方法 レポート及び試験、平常点(計100点)
教科書・
参考図書
教科書:図解わかるメンテナンス 学芸出版社
自作テキスト配布


その他
【履修にあたり】
座学のほか、老朽化構造物実習場で実習を行う。教員のほか、非常勤教員による授業を行う。
【この授業・実習に必要な機材】
学内老朽化構造物実習場、学外実習の授業の場合、作業服・ヘルメット(貸与)・長靴