科目コード5031103
科目名
(英語名)
やまがたの地理と地質Ⅱ
(Geography&Geology of Yamagata Prefecture Ⅱ)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期2年 前期
担当教員鈴木 賢一、非常勤講師(地質土壌調査業協会、県庁県土整備部等職員)
単位数2単位
授業の方法講義,演習
授業概要
【 目 的 】
 土木工事における地形・地質情報の重要性を理解し、土木工事における地形や地質との関わり、地質調査の方法や構造物設計への活用事例などを理解する。また、山形が抱えている地域課題について学ぶ。
【到達目標】
  • 土木工事における地形・地質情報の重要性を理解できる。
  • 地形・地質の持つ工学的問題について理解できる。
  • 地質調査計画、地質調査の実際について理解できる。
  • 農業土木技術の概要を理解できる。
  • 山形の地域課題について理解し、社会基盤整備の方向性についてグループ演習を行い、成果を発表できる。
授業計画
  1. 土木工事における地形・地質の重要性
  2. 地形の見方
  3. 土木工事と地形の関わり
  4. 地形の持つ工学的問題
  5. 地質調査計画【非常勤講師】
  6. 地質調査の方法と得られる地質・地盤情報(1)土工・斜面工事【非常勤講師】
  7. 地質調査の方法と得られる地質・地盤情報(2)土木構造物・地盤・地下水【非常勤講師】
  8. 山形県の地域課題(歴史・経済・人口)
  9. 山形県の地域課題(交通・観光・文化・地域維持)
  10. 地域課題解決グループ演習
  11. 地域課題解決グループ演習成果発表
成績評価方法 レポート、試験、プレゼンテーション、平常点(計100点)
教科書・
参考図書
自作テキスト配布



その他
【履修にあたり】
教員のほか、非常勤教員による授業を行う。地域課題解決に関するグループ演習を行う。
【この授業・実習に必要な機材】
特になし