科目コード5031201
科目名
(英語名)
土木技術者論(産業人材育成論)
(Theory of human resources development in industry)
対象学科土木エンジニアリング科
開講時期1年 全期
担当教員全職員、非常勤講師(建設業協会、測量設計業協会、県庁県土整備部職員)
単位数2単位
授業の方法講義
授業概要
【 目 的 】
 職種・業界に関わりなく共通して求められる「ヒューマンスキル」や「プレゼンテーション」能力を身に付ける。  また、日々の生活の場は社会基盤の上に成り立ち、それらを造り、守っていく土木技術者の役割や建設業界の仕組みを学ぶ。更に、業界人から業界の実情や心構えを講話を通して学ぶ。
【到達目標】
  • 自分の考えを限られた時間でまとめることができる
  • 自分の考えを与えられた時間内で話すことができる
  • 自分の意見を相手に説明できる
  • 与えられたテーマに関して情報収集し、プレゼンテーションができる
  • 土木技術者の役割や建設業界の仕組みが理解できる
  • 建設業の実情について理解を深める
  • 建設業界での働く意味と目的を考え、ワークショップにより自己PRと面接のポイントを理解する
授業計画
  1. 自己紹介
  2. コミュニケーション能力の重要性
  3. グループワーク
  4. 論理的に話す技術Ⅰ
  5. ショートプレゼンテーション
  6. 論理的に話す技術Ⅱ
  7. 論理的に話す技術Ⅲ
  8. 土木技術者の役割や建設業界の仕組み
  9. 土木技術者の心構え①【非常勤講師】
  10. 土木技術者の心構え②【非常勤講師】
  11. 就活ワークショップ【集中講義】
成績評価方法 出席状況、授業態度、発表、プレゼンテーション、課題及びレポート(計100点)
教科書・
参考図書
教科書:論理的に話す技術  山本 昭生  ソフトバンククリエイティブ



その他
【履修にあたり】
フラットファイル(A4タテ)1冊を各自、事前に準備しておくこと
【この授業・実習に必要な機材】
特になし