科目コード3022102
科目名
(英語名)
ソフトウエア開発とテスト技法
(Software Development and Testing Method)
対象学科情報システム科
開講時期2年 前期
担当教員澁谷 倫子
単位数4単位
授業の方法講義,実習
授業概要
【 目 的 】
高品質なソフトウエアを効率的に開発することが求められている。ここではそのための各種の手法と、それを実装したツールの使用法を学ぶ。また、チームでシステム開発を行う際の基本的なツールの活用法などを学習する。
【到達目標】
  • Vモデルに基づく高品質なソフトウエア開発が行える
  • Vモデルに基づくテスト計画を作成し、単体テスト、結合テスト、システムテストを実施できる
  • コーディング規約にしたがったソースコードを作成できる
  • テストケースの洗い出しができる
  • JUnit(テスティングフレームワーク)を活用できる
  • プログラム品質を計る手法を理解し活用できる
  • チームでソフトウェアの開発ができる
授業計画
  1. ソフトウェアテストとは(ソフトウェア開発におけるテスト、開発工程とテスト)
  2. プログラミング時のバグ予防策
  3. Javadocと静的解析ツール
  4. 静的テストを取り入れたプログラミングプロセス
  5. テストケースの作り方(ブラックボックステスト、ホワイトボックステスト)
  6. Junitによるテストコードのプログラミング
  7. 効率的な単体テスト
  8. ソフトウェアの品質評価
  9. Webアプリケーション開発のテスト
  10. チームでの開発
  11. 試験
  12. まとめ
成績評価方法 実習課題、期末試験による総合評価(100点)
教科書・
参考図書
教科書:現場で使えるソフトウェアテストJava編,飯山教史[著・監修],翔泳社



その他
【履修にあたり】
特になし。
【この授業・実習に必要な機材】
特になし。