科目コード4022102
科目名
(英語名)
制御実習
(Training of Control)
対象学科建築環境システム科
開講時期2年 前期
担当教員目黒 初雄
単位数4単位
授業の方法実習
授業概要
【 目 的 】
自動制御にはいろいろな分類があります。なかでも最も基本的なものはシーケンス制御といえます。ここでは,有接点シーケンスから,PLCの操作まで実習を行いながら設備技術者としてのシーケンス制御の基礎を学びます。
【到達目標】
  • シーケンス制御の基本が説明できる
  • 自己保持,インターロック,優先回路が説明できる
  • シーケンス制御やPLCを用いた、応用回路の組み立てができる
授業計画
  1. シーケンス制御の原理・仕組み
  2. 各種機器とその動作機構
  3. 有接点リレーと無接点リレー
  4. シーケンス制御回路図
  5. シーケンス制御とタイムチャート
  6. 論理回路
  7. 自己保持回路,インターロック回路,優先回路
  8. 順序動作回路
  9. 給排水設備のシーケンス制御
  10. PLCによるシーケンス制御
成績評価方法 実技試験50点、期末試験50点(計100点)
教科書・
参考図書
教科書:やさしいリレーとシーケンサ改訂3版 岡本 裕生著 オーム社



その他
【履修にあたり】
特になし。
【この授業・実習に必要な機材】
特になし。