科目コード1011105
科目名
(英語名)
材料力学
(Strength of Materials)
対象学科デジタルエンジニアリング科,メカトロニクス科
開講時期1年 前期前半
担当教員小笠原 誠
単位数2単位
授業の方法講義,演習
授業概要
【 目 的 】
材料力学は材料の変形を力学的に扱う機械設計には不可欠の学問である。材料に外力が作用した時の内部に生じる応力やひずみ状態を明らかにし、強度上最適な寸法形状を決定する。
【到達目標】
  • 材料内部に生ずる応力やひずみを計算できる。
  • SFD(せん断力線図)とBMD(曲げモーメント線図)を描くことができる。
  • はりのたわみを計算できる。
  • 熱応力を計算できる。
  • 座屈応力を計算できる。
授業計画
  1. 応力について、工学単位とSI単位
  2. 引張応力と圧縮応力
  3. ひずみについて、引張ひずみと圧縮ひずみ
  4. せん断応力、せん断ひずみ
  5. フックの法則
  6. ポアソン比
  7. はりのつり合い、はりの反力
  8. はりのせん断力図
  9. はりの曲げモーメント図
  10. 曲げ応力とひずみ、はりの断面形状と強さ、たわみ
  11. 柱の座屈
  12. ねじり、軸の強さ
  13. 組合せ応力
  14. 熱応力、応力集中
  15. 衝撃応力、自重による応力、内圧力の作用
成績評価方法 小テスト(20%)、試験(80%)
教科書・
参考図書
教科書:材料力学 高齢・障害・求職者雇用支援機構 職業能力開発総合大学校 基盤整備セン
ター編集 雇用問題研究会


その他
【履修にあたり】
特になし
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓