科目コード1012101
科目名
(英語名)
基礎工学実験
(Experiment of Basic Engineering)
対象学科デジタルエンジニアリング科,メカトロニクス科
開講時期1年 前期
担当教員工藤 誠,山口 俊憲,小笠原 誠
単位数4単位
授業の方法実験
授業概要
【 目 的 】
物理学・力学などの現象を体験すること、および生産工学を理論的に証明することは工学を学ぶ者にとって重要である。基礎工学実験では、実験を通して物理学的・力学的法則さらに統計的解析法を習得する。実験にのぞむ姿勢・準備・観察そして実験後のデータ処理・考察のまとめ方など、これから技術者として必要となる素地を学ぶ。
【到達目標】
  • 物理学現象、力学的現象を観察し、論理的に説明できる。
  • 部品の状態を生産工学の理論および統計的手法で説明できる。
  • 実験の目的、方法、理論、実験装置、実験結果、考察をレポートとしてまとめることができる。
  • レポートの内容をプレゼンテーションにより系統立てて説明し、質疑応答に応じることができる。
授業計画
  1. 実験の一般的注意とレポート作成上の注意
  2. データ処理、最小二乗法、グラフ作成
  3. 力学実験
  4. 熱・物性実験
  5. 光干渉実験
  6. 振動実験
  7. 品質管理
  8. その他(音・超音波実験、電磁気実験など)
成績評価方法 各実験テーマのレポートとプレゼンテーションによる評価(100%)
教科書・
参考図書
教科書:新版 品質管理のための統計的方法入門  鐡 健司   日科技連



その他
【履修にあたり】
実験は一人で行うのではなく、班に分かれて協同で行います。実験をせずにレポート作成、あるいはプレゼンテーションを行うことは出来ないので必ず出席すること。レポートの提出期限を厳守すること。添削後返却するので再提出すること。
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓