科目コード1021102
科目名
(英語名)
機械加工学
(Machining)
対象学科デジタルエンジニアリング科,メカトロニクス科
開講時期1年 前期
担当教員多田 淳
単位数2単位
授業の方法講義
授業概要
【 目 的 】
機械加工学は、ものづくりの中心にある学問である。最近の生産法は、制御技術の進展、材料技術の開発などにより著しく発達しており、多くの技術を総合したものとなっている。本科目では、各種の加工方法の基礎原理について学び、加工技術全体を理解するための基礎を身につけ、機械設計に必要な加工技術を習得する。
【到達目標】
  • 切削加工法の理論について説明できる。
  • 研削加工の理論について説明できる。
  • 塑性加工の理論について説明できる。
  • 溶接加工法の理論について説明できる。
  • 放電加工の原理について説明できる。
授業計画
  1. 機械工作と生産
  2. 機械設計と機械加工
  3. 切削加工の理論
  4. 旋盤加工法
  5. フライス盤加工法
  6. 研削加工の理論
  7. 研削盤加工法
  8. 鋳造法
  9. 塑性加工法
  10. 溶接加工法
  11. 放電加工法
成績評価方法 試験による評価(100%)、中間試験を実施合せて評価する
教科書・
参考図書
教科書:『機械工作法』 平井・和田・塚本共著 コロナ社
参考書:


その他
【履修にあたり】
復習をすること
【この授業・実習に必要な機材】