科目コード1021104
科目名
(英語名)
油空圧機器
(Hydraulics and Pneumatics)
対象学科デジタルエンジニアリング科,メカトロニクス科
開講時期1年 前期前半
担当教員加藤 和憲
単位数2単位
授業の方法講義,演習
授業概要
【 目 的 】
機械システムの駆動力として油圧シリンダや空気圧シリンダが多用されている。本科目では、油圧・空気圧の原理、特徴を学び、油圧・空気圧システムの設計に必要な機器の選定法、制御法の基礎について学ぶ。
【到達目標】
  • 空気圧システム・油圧システムの特徴について説明できる。
  • 空気圧油圧システムを理解するために必要な流体力学について説明できる。
  • 空気の性質について説明できる。
  • 油圧作動油の性質について説明できる。
  • 油圧回路の動作について説明できる。
  • 空気圧回路の動作について説明できる。
  • 空気圧システムの機器選定ができる。
  • 油圧システムの機器選定ができる。
  • 空気圧・油圧システムのシーケンス回路の動作について説明できる。
授業計画
  1. 油圧空気圧の概要
  2. 油空圧機器、その他機器の比較
  3. 空気圧機器
  4. 空気圧回路
  5. 油圧機器
  6. 油圧回路
  7. 空気の基本性質
  8. 油圧作動油の性質
  9. 圧力
  10. 理想気体の準静的過程
  11. 湿り空気、乾き空気、水蒸気
  12. ドレン量の計算
  13. 流体の基礎式
  14. 圧力損失
  15. シーケンス制御の基礎
  16. 空気圧機器のサイジング設計
成績評価方法 課題提出による評価(100%)
教科書・
参考図書
教科書:自作テキスト



その他
【履修にあたり】
復習をすること
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓