科目コード1031302
科目名
(英語名)
数学Ⅱ
(MathematicsⅡ)
対象学科デジタルエンジニアリング科,メカトロニクス科
開講時期1年 前期
担当教員河村 新藏(非常勤講師)
単位数2単位
授業の方法講義
授業概要
【 目 的 】
技術者に必要な数学的能力は、様々な現象や事象をなるべく矛盾なく説明できる数学的モデルを作り、その答を求めることである。本科目では、微分の理論を道具として用いるために必要な基礎知識を講義する。
【到達目標】
  • 複素数の意味と演算および平面表示ができるようにする。
  • 微分の意味と微分計算ができるようにする。
  • 逆関数および合成関数の意味を理解し微分演算ができるようにする。
  • 多項式、および三角関数の計算および微分演算ができるようにする。
  • 微分の応用としてグラフの形状を描けるようにする。
  • 微分の応用として自然現象と微分との関係を把握できるようにする。
授業計画
  1. 複素数と演算
  2. 複素平面と極形式
  3. 数列と関数の極限
  4. 微分の定義
  5. 多項式の微分
  6. 逆関数の微分
  7. 合成関数の微分
  8. 三角関数とその微分
  9. 指数関数および対数関数とその微分
  10. 微分の応用1(傾き、極大極小、最大最小)
  11. 微分の応用2(位置、速度、加速度)
成績評価方法 数回のレポート、小試験および期末試験の結果と授業態度を総合的に判断する。
教科書・
参考図書
教科書は使用しないが代替資料として適宜プリントを配布する。
教科書:(1)高校時代使用した数学の教科書全部
      (2)「微分積分の世界」河村新蔵・佐藤圓治著 培風館
        (最初の授業で紹介する)
その他
【履修にあたり】
予習・復習をきっちりすること。演習問題をこまめに解くこと。
【この授業・実習に必要な機材】
特になし