科目コード1031307
科目名
(英語名)
体育
(Physical Education)
対象学科デジタルエンジニアリング科,メカトロニクス科
開講時期1年 全期
担当教員松坂 渉(非常勤講師)
単位数2単位
授業の方法実習
授業概要
【 目 的 】
現代社会において、心身の健康は、QOL(生活の質)を高めるために欠かすことのできない要素である。健康であるためには、普段から楽しみや生きがいをもち、健康や運動・スポーツの基礎的知識を持って、実践していくことが必要不可欠である。本授業では、様々な運動・スポーツを体験することで、実践することの「楽しさ」を理解し、必要な基礎的運動技術を獲得することを目的とし、生涯、スポーツへと関わっていくための運動習慣やコミュニケーション能力の習得、養成、向上を図る。
【到達目標】
  • 様々なスポーツ種目を体験することで、自己の身体感覚を理解し、客観的に自己分析を行いながら技術を高め、新たな技術獲得へ応用させる能力を養うことを目指す。また、スポーツを単に楽しむだけではなく、スポーツを通して、コミュニケーションスキルを高めることも目標とする。
授業計画
  1. ガイダンス:授業の内容及び評価についての説明
  2. 打道具を使ったスポーツ(卓球・バドミントン・テニス・ソフトボールなど)
  3. ボールを使ったスポーツ(サッカー・バスケットボール・バレーボールなど)
  4. その他様々なスポーツ種目(レクリエーションスポーツ)
  5. 授業展開は、1種目あたり2~3回行う予定でいるが、習熟度等状況に応じ柔軟に対応する。怪我をしないようにみんなで楽しみながら様々な運動・スポーツを行い、そこから基礎的運動技術を向上させていく。また、用具の管理や準備なども役割分担して行う。なお、受講者数、天候により授業内容を適宜変更します。
  6. 安全面からスポーツに適した服装と運動靴を準備してください(サンダル、金属スパイク不可)。
  7. 授業に相応しくない服装やシューズの場合は、参加を認めない場合もあります。
  8. 次回の授業内容については授業後に毎回指示します。
成績評価方法 出席状況と履修態度、技術の習得状況等により総合的に判断する。ただし、適宜、レポートの提出を求めることもある。詳細は第1回目のガイダンスで指示します。
教科書・
参考図書
特にはないが、必要に応じ適宜指示します。



その他
【履修にあたり】
運動に適した服装で履修し、天候等により授業当日の内容変更もあり得るので、常時内履き・外履きを準備する。十分に体調を管理し、水分補給は各自の判断で適宜行う。
【この授業・実習に必要な機材】
特になし