科目コード9031302
科目名
(英語名)
法学概論
(Introduction to Jurisprudence)
対象学科全科
開講時期2年 前期
担当教員澤田 裕治(非常勤講師)
単位数2単位
授業の方法講義
授業概要
【 目 的 】
法とは何か、法と権利・義務について学び、憲法、民法、刑法、刑事訴訟法等の基本理念を正確に理解することを通じて、これからの社会人に必須とされる社会科学的思考方法や判断力を身に付ける。
講義でトピックスを採り上げ、日常生活の身近な法律問題を通して法を具体的に理解する。
モット―:「自前の座標軸の構築」。社会に目覚め、学問に目覚めて、社会人となる基礎を築く。
【到達目標】
  • 「六法」とは何かについて説明できる。
  • 犯罪の成立要件について説明できる。
  • 罪刑法定主義、不法行為法について説明できる。
  • 民事法と刑事法の違いについて説明できる。
  • 「市民法」と「社会法」の関係について説明できる。
  • 債務不履行について説明できる。
  • 民法典の編別構成について説明できる。
  • 「物権」と「債権」の異同について説明できる。
  • 軟性憲法と硬性憲法の違いについて説明できる。
授業計画
  1. 刑法の世界(犯罪と刑罰)
     (1) 罪刑法定主義  (2) 犯罪の成立要件  (3) 刑法学史
  2. 憲法の世界
     (1) 憲法とは  (2) 日本国憲法の究極的価値
     (3) 軟性憲法と硬性憲法  (4) 日本国憲法の三大原理
  3. 民法の世界
     (1) 民法の編別構成  (2) 市民法と社会法
     (3) 民法の4象限理論  (4) 私的所有と契約
     (5) 権利法と責任法
成績評価方法 試験(100点)
教科書・
参考図書
教科書:『はじめての法律学 [第5版]』松井・松宮・曽野著 有斐閣アルマ
参考書:『法学六法'18』石川明・池田真朗・宮島司ほか編 信山社
講義は配布レジュメに沿って行なわれるが、順序が前後する場合もある。
教科書は主として予習・復習用として使用する。
その他
【履修にあたり】
真に学ぶ意欲をもって受講することを期待する。
Remember ― if you can dream it, you can do it.
【この授業・実習に必要な機材】
パソコン接続、スクリーン