科目コード1131101
科目名
(英語名)
熱流体工学
(Thermo-Fluid Engineering)
対象学科デジタルエンジニアリング科
開講時期2年 前期前半
担当教員加藤 和憲
単位数2単位
授業の方法講義
授業概要
【 目 的 】
射出成形加工における樹脂流動解析などのプラスチック成形シミュレーションを本質的に理解するためには、プラスチックの流動と冷却過程について理解する必要がある。そこで、本授業においてはまず、一般的な流体を対象にして熱流体の基礎を学習する。その後プラスチックの流動、熱移動を念頭に置いた授業を展開する。
【到達目標】
  • 流体の特性を説明できる。
  • 流体静力学の基本について説明できる。
  • 管路内の流れについて説明できる。
  • 物体に働く流体力について説明できる。
  • 伝熱の機構について説明できる。
  • 熱伝導に関して説明できる。
  • 熱伝達に関して説明できる。
授業計画
  1. プラスチックの特徴
  2. 粘性
  3. 層流乱流
  4. 境界層
  5. 管内の流れ
  6. 流体摩擦
  7. 伝熱機構
  8. 熱伝導
  9. 対流伝熱
  10. 射出成形における圧力損失
成績評価方法 試験(100%)
教科書・
参考図書
教科書:プリントを配布します。
参考書:竹内正雄著、新版熱計算入門II -伝熱・流体の流れ-、省エネルギーセンター 


その他
【履修にあたり】
復習をすること
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓