科目コード1131102
科目名
(英語名)
CAE特論
(Colloquium of Computer Aided Engineering)
対象学科デジタルエンジニアリング科
開講時期2年 前期後半
担当教員来次 浩之,多田 淳
単位数2単位
授業の方法講義,演習
授業概要
【 目 的 】
コンピュータの発達により、ものづくりにおいて有限要素法による構造解析や流体解析などが盛んに取り入れられている。本講では解析の理論および現状、解析手法を学び、三次元モデルを利用した樹脂流動解析、プレス加工解析の結果について検証を行う。
【到達目標】
  • 解析の基礎理論がわかる。
  • CAE技術の現状がわかる。
  • 樹脂流動解析を実行できる。
  • プレス加工解析を実行できる。
  • 解析結果の分析ができる。
授業計画
  1. Computer Aided Engineeringの概要
  2. CAEによる解析の種類と適用例
  3. 射出成形機の射出条件
  4. 射出成形で発生する問題
  5. 樹脂流動解析モデルの作成
  6. 樹脂流動解析の解析条件
  7. 充填・保圧・冷却・反り解析
  8. 樹脂流動解析結果の評価
  9. プレス成形シミュレーションの概要
  10. 弾塑性有限要素法の基礎
  11. プレス加工で発生する問題
  12. 解析モデルの作成
  13. 各種情報の設定
  14. 境界条件
  15. 成形シミュレーション結果の評価
成績評価方法 課題提出(100%)
教科書・
参考図書
教科書:各種解析の配布資料



その他
【履修にあたり】
特になし
【この授業・実習に必要な機材】
関数電卓