科目コード1232101
科目名
(英語名)
生産システム実習I
(Training of Manufacturing SystemI)
対象学科メカトロニクス科
開講時期2年 後期前半
担当教員山口 俊憲
単位数2単位
授業の方法講義,実習
授業概要
【 目 的 】
 本実習では、ものづくり現場の品質・コスト・納期・安全性の向上に必要となる品質管理手法、信頼性解析の方法を実習を通して習得する。
【到達目標】
  • QC七つ道具の目的と使い方がわかる。
  • 新QC七つ道具の目的と使い方がわかる。
  • 実験計画法の活用場面がわかる。
  • FMEA/FTAの使い方がわかる。
  • 事故の原因分析を行うことができる。
  • 事故原因の分析結果に基づき,工学的な対策を立てることができる。
授業計画
  1. QC七つ道具
  2. 新QC七つ道具
  3. 実験計画法:一元配置実験
  4. 実験計画法:二元配置実験
  5. FMEA/FTA
  6. 事故原因の分析と対策の立案
  7. レジリエンス
成績評価方法 課題(60%)、試験(40%)
教科書・
参考図書
教科書:配布資料



その他
【履修にあたり】
特になし
【この授業・実習に必要な機材】
特になし