横山正明

県産業界のニーズに対応できる
柔軟さとバイタリティ、
そして優れた能力

本校は、山形県の産業界の発展に寄与し貢献する、優れた人材の育成を主たる目標に掲げて、平成5年4月に開校された、若々しく活力に満ちた県立産業技術短大です。その若さゆえに、急速に変化する現代の科学技術の進歩と発展におくれることなく追随でき、また県産業界のニーズに対応できる柔軟さとバイタリティ、そして優れた能力を持っております。
 山形県の伝統であります「ものづくり」に対して興味と関心と情熱があり、積極的に取り組むチャレンジ精神豊かな若者を受け入れ、教室で学ぶ座学だけではなく、最新の設備や機器を使用した実験や実習、さらには企業実習を通して、真に実践力と豊かな創造力を身につけた技術者を育成しております。
 本校は、今日まで数多くの優れた卒業生を社会におくり出してきました。彼らは地域の多くの企業や公的機関において、有能な中堅の技術者としてその重責を担い、県産業界を基礎から支えております。
 ものづくりが大好きで、それに取り組む強い意欲とチャレンジ精神豊かな若者には是非とも本校に入学され、県産業界の発展に寄与し貢献する、優れた有為なる技術者になって、多くの先輩たちに負けないご活躍をしていただくことを心から期待しています。
 本校のホームページには、時々刻々変化する最新の情報やデータが掲載されますので、是非とも引き続きアクセスしてご覧になっていただきたいと思います。
 山形県のみなさま、本校に対して今後とも温かいご支援とご協力をいただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

山形県立産業技術短期大学校長 横山 正明

産技短とは