MORE

トピック

    •  ハイメカ株式会社様から本校にコミュニケーションロボットPalmi(2機)とRFID スリム・フラットスキャナ(2台)の寄贈がありました。
       Palmiは、音声認識、画像認識などが搭載され、ストレスのない会話が可能なロボットです。また、開発支援ツールを利用し、機能を加えていくことができます。もう一方のRFID スリム・フラットスキャナは、非接触で1度に複数のRFタグデータを読み取れる装置です。小売店のレジ業務や棚卸業務ので運用が期待されています。
       贈呈式は平成29 年7 月25 日(火)に本校で行われ、ハイメカ株式会社からは、代表取締役社長 横山千広様、取締役回路部門マネージャー 鈴木常彦様らが来校し、尾形校長に目録と装置が手渡されました。今後、知能電子システム科の実習などで使用していく予定です。



    •  平成29年7月23日(日)に「オープンキャンパス」が開催され、体験授業として「スマホで操作するスマートLED照明を作ろう」を実施しました。1年生、2年生のアシスタントの手伝いにより、参加者全員がLED照明を作成でき、持ち帰ることができました。
       オープンキャンパスへの多数の参加、ありがとうございました。

この科が目指すこと

知能電子システム科では、電子技術と情報通信技術を学び、インテリジェントな電子機器システムから機器がネットワークを介して接続された「スマートシステム」までの開発ができる技術者として

① 電子回路の設計、実装ができる
② 電子機器システム向けソフトウェア開発ができる
③ ネットワークを介して機器が相互に接続された計測制御システム構築ができる
④ 各種センサを用いてインテリジェントな処理ができる
⑤ 組込み技術の設計・開発工程や品質管理の知識を有し活用できる

ことを身につけ、IoT社会の実現に貢献できる実践技術者の育成を目標とします。

この科の特徴

figure

現代社会においては、家電製品のみならず自動車に至るまで、様々な機械が高度な電子技術を用いて制御されています。最近は、携帯電話やデジタル家電のように超小型のコンピュータ(マイコン)が電子回路と共に組み込まれ、内蔵されたソフトウェアで動作する「組込みシステム」が急激に増えてきています。さらに、これらがネットワークを介して結びついてより大きなシステムを構成し、そのシステム自体が周囲の状況を認識してシステムを最適な状態にしていく「スマートシステム」化の波が進行しています。このスマートシステムによって私たちの生活が大きく変わろうとしています。
そのため、組込みシステムやスマートシステムを作るために、センサからの情報をシステムに取込み機器を稼働させるためのハードウェアの知識と、入手した情報を効率良く処理してシステムを最適に稼働させるための情報通信とソフトウェアの技術の両方をバランス良く理解して活用できる人材が求められています。
知能電子システム科では、エレクトロニクスとソフトウェアで社会を支えるような人材の育成を目指します。そのため、電子技術と情報通信技術を中心に学び、主に

●エレクトロニクスエンジニア
ハードウェアの技術を理解し顧客の要望する電子機器システムの仕様を理解して、ソフトウェアを考慮しながら実際にハードウェアの開発と実装に貢献できる者
●ソフトウェアエンジニア
システムエンジニアと連携し、ハードウェアとソフトウェアの開発・構築に従事しながら、モジュールの実装とテストに貢献できる者
●組込みエンジニア
ハードウェアとソフトウェアの技術を理解し、顧客の要望する組込みシステムの仕様を理解して、実際にシステムの開発と実装に貢献できる者
●システムエンジニア
ある特化したシステムを構築するために、顧客からの要望を理解し、問題の解決方法を提案、そして実際のシステムの構築と運用に貢献できる者
●生産技術エンジニア
ものづくりのために必要な技術と管理の知識を踏まえ、ハードウェア技術とソフトウェア技術を活かして、より生産性の高いものづくりに貢献できる者

として、県内外の産業で活躍できる存在となる人を育てていきます。
そして私たちの生活を一段と便利で快適にする「人にやさしい電子機器システム」を共に考えていきます。

カリキュラム

知能電子システム科のカリキュラムでは「電子技術」「情報通信技術」「スマート化技術」「組込み技術」の専門科目で講義と実習に取り組み、最後に総合科目として組込み実習と卒業研究をまとめます(図1)。
figure1

また、講義と実習を連携させ、全体に「一般教養」を踏まえた上で、学修の時期で「基礎技術」「専門基礎」「応用技術」そして「総合開発技術」と学期毎にステップを踏みながら学ぶことにより、初歩から少しずつ知識と能力を身につけていけるようなカリキュラムになっています(図2、及び、カリキュラムタイミングを参照)。

figure2

取得できる資格

取得可能資格・受験資格 関連資格
電子機器組立て技能士(2級・3級)
(※技能照査合格により学科試験免除になります)
※技能照査合格で技能士補となります。
・組込みソフトウェア技術者クラス2(ETEC Class2)
・ディジタル技術検定2級(制御部門、情報部門)
・ITパスポート
・基本情報技術者
・品質管理検定
・LabVIEW 準開発者(CLAD)

卒業後の進路

主な就職先

伊藤電子工業株式会社 株式会社
エクセルソフト
株式会社エツキ NECエンベデッドテクノロジー株式会社
オプテックス工業
株式会社
株式会社コア 株式会社
コスモスウェブ
株式会社山陽精機
タムス・ファームウェアー株式会社 株式会社
テクノカミオカ
株式会社天童木工 東北電力株式会社
東北パイオニアEG
株式会社
ハイメカ株式会社 パナソニックAVCネットワークス社山形工場 ミツミ電機株式会社
山形事業所
山形EG株式会社 山形ガス燃料株式会社 日本電子山形株式会社 ヤマリョー株式会社
株式会社リョーサン 凌和電子株式会社 エンベデッドソリューション株式会社 株式会社アイビー
啓装工業株式会社
山形工場
ケミコン山形株式会社 三和缶詰株式会社 第一光機株式会社
進和ラベル印刷
株式会社
株式会社スタンレー
鶴岡製作所
株式会社
ソリトンシステムズ
ミクロン精密株式会社
株式会社千代田商事 株式会社トークス フジテック株式会社 美和電気工業株式会社
株式会社ヤマガタ共同 山形航空電子株式会社 株式会社グラフイン 山形電子株式会社
山形パナソニック
株式会社
日本リーテック
株式会社
テュフズードザクタ
株式会社米沢試験所
日東ベスト株式会社
日本NCRサービス
株式会社
丸菱食品株式会社 株式会社ポール社 株式会社マイ・コンピュータ・ソフト
株式会社マイスター 山形ゼロックス
株式会社
株式会社山形環境
エンジニアリング
山形ガス管工株式会社
一般財団法人山形市水道サービスセンター 株式会社
山形電機製作所
株式会社吉田製作所 株式会社
佐々木ダイヤ精研
株式会社システム
フォーサイト
株式会社
情報技術サービス
株式会社タカハシ電工 TDK庄内株式会社
テン・ソフトウェア
株式会社
東北電化工業株式会社 株式会社西村工場 パイオニアシステム
テクノロジー株式会社
ひさき設計株式会社 株式会社マイスター 株式会社
最上川環境技術研究所
渡辺ヒーティング
株式会社

主な進学先

関東職業能力開発大学校
生産電子情報システム技術科
本校産業技術専攻科

学科紹介