MORE

この科が目指すこと

10年後の高度IT技術者を目指した最初の年と位置づけ、以下の基礎固めを行う:

  • 基本情報技術者試験レベル以上の基本的な知識とスキルを学ぶ
  • 職場で活用できる実践的なIT技術を身につける

    • 情報セキュリティに配慮した情報通信システム基盤を構築できる
    • オープンソース(OSS)を活用した高品質なプログラム開発ができる
  • 多様な人々と主体性をもって共同作業が行える

    • コミュニケーション能力や文書作成力等のソフトスキルを身につける
    • 論理的思考を身につけ、説得力を持って主張できる
  • 卒業後は、新しい時代の新しい技術を、自ら自律して学んでいける

この科の特徴

figure

  • 共通キャリアスキルフレームワークに対応し多様なキャリアパス設計が可能
  • 業界(学会)標準に準拠した実践的なカリキュラム
  • 資格試験(情報処理技術者試験)による教育効果(出口の質)の確認と確保
  • 基本情報技術者試験の午前の試験が免除されるIP認定講座
  • e-Learningを活用し、学生自身が迅速に理解度把握と自己補習ができる教育
  • PBL(Project Based Learning)実習によるIT技術とソフトスキルの実践教育
  • 地域企業の第一線技術者との交流を通し、「地域で育てる高度IT技術者教育」

カリキュラム

figure2

取得できる資格

取得可能資格・受験資格 関連資格
*技能照査合格で技能士補となります。 ・ITパスポート
・基本情報技術者(午前試験免除制度あり)
・応用情報技術者試験
・情報セキュリティスペシャリスト

卒業後の進路

主な就職先

株式会社YCC情報システム 株式会社DNP情報システム 株式会社エム・エス・アイ 株式会社ソリトンシステムズ
タクトシステムズ株式会社 和光電気通信工業株式会社 NECエンべデッドテクノロジー株式会社 ハイテクシステム株式会社
日本アバカス株式会社 株式会社システムフォーサイト 株式会社エクセルソフト 株式会社サードウェーブソリューションズ
株式会社東北情報センター 株式会社情報技術サービス 山形ゼロックス株式会社 フジクラ電装株式会社
株式会社かわでん カルソニックカンセイ株式会社 セイコーエプソン株式会社 株式会社ティーワイテクノ
株式会社山本製作所 ミクロン精密株式会社

学科紹介