MORE

この科が目指すこと

figure1

快適で安全な居住環境を創造するために基本となる空気・水・熱などの環境要素の調整技術を学び、地球規模で求められる省エネルギー環境負荷低減技術を利用した、建築や建築設備の設計・施工管理・メンテナンスができる実践技術者、特に設備のわかる建築技術者建築のわかる設備技術者の育成を目指しています。

この科の特徴

figure1

建物で使用するエネルギー消費の増加は大変な社会問題となっており、地球環境にも大きな影響を与えています。建物の省エネルギー化が課題となる中で、エネルギー消費を抑えるための知識や技術を学び、地球にやさしい建物づくりができる技術者が求められています。建築環境システム科は、全国でも数少ない建築設備工学の教育機関であり、建物のシステム全体をハード・ソフト両面に渡りバランスよく学ぶ事ができます。また、BIM対応3次元CADをはじめコンピュータ教育に力を入れており、建設業界で高度にICT利活用ができる実践技術者を育成します。

figure1

カリキュラム

figure1
建築環境システム科のカリキュラムは、環境系、建築系、設備系の3つの専門分野で構成されており、実際に“見る”“触れる”“造る”実験・実習を多く取り入れています。そして、各専門分野の講義と実験・実習が密接に結びついて高い学習効果をあげるように工夫されています。また、建設業界で求められる“感性”を養うために、プロの建築家による設計指導や建築技術者による講義を取り入れています。さらに、建築系、設備系それぞれの進路に合わせてより深く実践力を身に付けるための「進路別コース選択制」を導入しています。
測量実習

 

環境工学実験

 

総合実習(建築系)

 

設備実験

 

制御実習

 

3次元CAD実習

 

取得できる資格

取得可能資格・受験資格 関連資格
 

・二級建築士 / 木造建築士
※実務経験0年で受験できます。

 

※上記4職種の
指定学科になっており実務経験が
短縮になります。

 

・技能士(1級・2級)
※技能照査合格により
建築配管作業技能士/冷凍空気調和
機器施工技能士の学科試験が免除に
なります。

・建築設備士

・インテリアコーディネーター
・福祉住環境コーディネーター
・シックハウス診断士
・エネルギー管理士
・マンション管理士
・消防設備士
・カラーコーディネーター
・住環境測定士
・環境計量士
・公害防止管理者
・電気工事士
・電気主任技術者

卒業後の進路

主な就職先

愛和建設 株式会社 株式会社 市村工務店 小野建設 株式会社 株式会社
クリエイト礼文
株式会社 たくみ 株式会社 ベストハウス 那須建設 株式会社 丸充建設 株式会社
山形建設 株式会社 千歳建設 株式会社 山形中央
生コンクリート
共同組合
山住設備株式会社
黒澤建設工業 株式会社 弘栄設備工業 株式会社 株式会社 山形企業 株式会社 鈴木冷凍機
荘和設備工業 株式会社 株式会社 鈴木冷凍機 株式会社
冷凍技術工業所
東北電化工業 株式会社
日本地下水開発
株式会社
株式会社
西原衛生工業所
旭化成ライフライン
株式会社
figure1

建築環境システム科では、開学以来就職希望者の内定率100%を維持しております。就職先は大きく分けて建築系33%、設備系54%となっております。

平成30年度卒業研究

下記のテーマで卒業研究発表が行われました。

テーマ名

 

・社会問題の解決に向けた賃貸住宅の設計
・非接触給電装置の製作
・コンクリート調合設計と実強度についての実験 その3 ~高比強度コンクリートの製作~
・建築模型製作における3Dプリンタ活用方法についての検討
・BIMを活用した省エネルギー性能評価手法の検証 その2
・建築施工分野におけるBIMの活用について その2 ~モバイルアクセスによる施工管理への活用~
・植物の成長と光原色及び磁場の相互作用に関する研究
・室内のダニ採取方法の検討とダニアレルゲン量の調査
・多孔質材料を用いた断熱シートの作製と断熱効果に関する研究
・虫体由来コナヒョウヒダニ(Der f2)アレルゲンセンサの開発
・色彩によるイメージと室内空間における印象評価の相関性に関する研究
・技能五輪冷凍空調技術職種課題製作と高効率作業の検討
・潜熱蓄熱体の熱的特性に関する研究 その5:凝固結晶成長の可視化
・排水横主管の搬送性に関する研究 その4 器具排水管の配管方法による搬送影響
・デフロスト軽減による省エネ効果の検証 ~室内排気を利用して~
・設備施工における経年劣化調査と不具合の改善提案 ~実験研究棟を対象として~

東北ポリテックビジョン・コンクリート競技会で2部門制覇!

2019年2月に開催された東北ポリテックビジョンのコンクリート競技会において、建築環境システム科学生チームが、ニアピン部門、比強度部門の2部門制覇を成し遂げました。ニアピン部門では今回で3連覇達成となります。
この競技会は、主要な建設資材であるコンクリートの調合設計技術及び製作技術を競う競技会で、いかに設定強度に近いコンクリートを製作できるか競うニアピン部門と、いかに高強度かつ軽量のコンクリートを製作できるか競う比強度部門の2部門で行われました。
優勝チームUPERworldⅢの池野君、三浦君は先輩チームがニアピン部門で2連覇しているという重圧の中で、日々試験練りを繰り返し、本番に向けて納得の行く水セメント比を定めて練り上げ、精度の高いコンクリートを製作しました。比強度部門に向けては、競技会場の強度試験機の最大荷重1000KN(100トン)でも壊れない超高強度コンクリートを目指して混和材料や養生方法を工夫し、最後まで諦めないで製作した結果、参加5チームで唯一破壊しない強靭な強度を発揮して優勝することができました。

校外学習

建築環境システム科では授業の一環として、校外学習を実施しております。
2019年に実施した校外学習を一部紹介します。
建築施設見学仙台市内
・卒業設計日本一決定戦見学(せんだいメディアテーク)

・建築CLTモデル実証棟見学(東北大学)

 

建築材料
・山形太平洋生コン株式会社におけるコンクリート試験

・株式会社山形城南木材市場における建築木材及びプレカット工場の見学

環境工学
・環境施設の見学(山形市浄化センター)
活性汚泥法による曝気槽

消化層から排出されるメタンガスタンク及び燃料電池

 

企業実習

令和元年5月13日から17日までの5日間、企業実習が行われました。
企業実習は県内の企業に出向き、生産現場等に就くなどして実作業を体験する中で本校で学ぶ、あるいは学ぼうとする技術が、実社会においてどのように展開されているか研修する事を目的としています。令和元年度の企業実習先は以下の通りです。
愛和建設株式会社 株式会社市村工務店 太田建設株式会社 小野建設株式会社
株式会社クリエイト礼文 黒澤建設工業株式会社 弘栄設備工業株式会社 株式会社祥建設
株式会社千歳建設 東北電化工業株式会社 パイプラインエンジニアリング株式会社 升川建設株式会社
株式会社山形企業 山形建設株式会社 冷凍技術工業所

企業実習の様子

小野建設株式会社での実習

 

株式会社クリエイト礼文での実習

 

学生の活動

・体育祭

・バスケットボール優勝メンバー

学科紹介